注目の記事 PICK UP!

SNS疲れとのたった1つの対処法!SNSのメリット・デメリットとは?

SNSのメリット・デメリットは?SNS疲れとのたった1つの向き合い方。

”えっSNSやってない人なんかいるの?”

そんな言葉さえ聞こえてくるようになったこの時代。

 

今や当たり前のツールとなってきたのがSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)ですよね。

LINE、Facebook、Twitter、インスタなどと様々有りますが、この中でも必ず一つはやっている方が

90%以上でしょう。

そこで、一体このSNSとは本当に必要なものなのか。

このページをご覧になられているあなたは、同じ事を感じここをクリックしたのでしょう。

その解決策を見つけるべく

メリット・デメリットから始まり、SNSとの向き合い方、対処法を見ていこうと思います。

スポンサードリンク


現代はSNSに知らぬ間に依存している。

SNSのメリット・デメリットは?SNS疲れとのたった1つの向き合い方。

あなたは頻繁に投稿する側ですか?

それとも、ほとんど投稿せず他人の日常を覗いている側ですか?

恐らく後者がほとんどだと思います。

 

毎日、いや隙間時間さえあればスマホを手にとり、SNSを開き他人の投稿を覗いていますよね。

ちなみにですが2015年女子高校生の一日のスマホ利用時間を調べたところ、一日平均5.5時間という驚異的な数字が出ているのです。

 

私たち大人でも、何らかの休憩に入った時にまず開口一番フェイスブックやツイッターなどのSNSの

新規ニュースフィードをスクロールしますよね。

気付かないうちにSNS依存しているのが現実です。

SNSのメリット・デメリット!

マリーナベイ

 

実際に毎日SNSを見ている私たちな訳ですが、本題のメリット・デメリットと言う目線で考えていきたいと思います。

私はいつもではありませんが、SNSを見ながらたまに”一体これ何の為にやっているんだろう”と感じています。

先ほども申し上げましたが、ここを閲覧されている方はそういった思いを抱えた方が多いのでは無いかと思います。

以下でまとめましたのでご覧になって下さい。

小さな事から大きな事まで、とりあえず書いてみました。

若干あるあるも入ってますがご了承を。

 

SNSのメリット。

・時間を潰せる。
・友人の動向がわかる。
・メディアからでは無いリアルな情報を得れる。(幅広く飲食店や観光地などなど)
・友人の誕生日を記憶する必要が無くなった。(フェイスブックではお知らせがある。)
・会わなくても、友人との距離感が常に近い。
・成果や幸福などボタン一つで友人に発信できる。
・日々の苛立ち、不安なども気軽に発する事ができる(特にツイッター)
・仕事などの宣伝も行え、収益にも繋がる。
・自分をアピールし付加価値を加える事ができる。

 

SNSのデメリット。

言葉悪いですが、感じた事はストレートに書かせて頂いてます。

・プライベートの流出。
・時間の浪費。
・他人のリア充アピール。
・とりあえず気遣いいいねの多発。
・見たくもない、自己満写真。
例:毎日自分の子供の写真など(時々なら成長を感じれて心から微笑ましい気持ちになります。)

 

などなど。

デメリットの中に”リア充アピール”とありますね。

”私お金持ってますよ、こんなものも買えちゃいますよ、こんな高級ホテルに泊まったよ。”

恐らくほとんどのユーザー層は、そうじゃない方がほとんどです。

こういった投稿を見て、憤りを感じた事が無い方はいないでしょう。

 

でもそれってただの嫉妬じゃね?

そんな事も頭によぎり、何だかもうよくわからない複雑な気持ちになる事ありますよね。

そうこれが所謂”SNS疲れ”と呼ばれたものです。

 

LINEも似たような性質を持つ。

LINE

LINEに目を向けてみましょう。

タイムラインがありますが、恐らくラインに関してはトークを主として使っている方がほとんどでしょう。

ほぼ同等と言って良い性質を持つのがグループトーク。

使ってる方多いですよね。

同窓会の案内もLINEで来る時代ですから。

グループトークも既読がついたか、ついてないかや、話に置いてかれないように返信しなきゃ。

など。

本当に親しい友人でしたら、何のプレッシャーも有りませんが

会社内の上下関係のあるグループ、またママ友のグループ、嫌いな人のいるグループ。

大変ですよね。

人と人の距離が近くなったのは十分メリットなのですが、

プライベートが無くなったのも事実です。

 

 

SNS疲れのたった一つの対処法。

これが今回の一番大きな課題です。

今後も恐らくSNSと付き合っていくことは間違いないです。

正直なところ

今更辞める訳にもいかないですよね?

ではどう向き合っていくか。

先ほど説明したリア充への苛立ちですが、

彼らにとってはSNSと言うツールを使って発信することによって、自分の付加価値を高めていっている訳です。

こんな事ができるんだ、こんだけ成功したんだ。

それを見てその人の元で仕事したい!この人とデートしたい!

と思う人もいるでしょうし、実際私たちもその方々に会ったら

『フェイスブック見てるよ~!成功してそうで凄いね!』そう言った言葉をかけるはずです。

私ももちろん、成功している事や幸福な人生を過ごせている事は尊敬します。

 

思うことは、本当にスマートで立派な大人は、SNSと言う大衆の場で例えな金持ちをぶりを豪語するような方では無いと思ってます。私自身もそうなるつもりです。

 

成果や幸福の逆もしかり、ネガティブすぎる内容やかまってちゃん投稿も同じです。

客観的になれない人間は、一生人の心を感動さすことはできません。

 

このようにイラっとした時の対処法。

そんな時は

たった一つ

大きな心で見ましょう。

そこに苛立ちさえ感じなくなる程の器の大きさを持ちましょう。

むしろ見下し下さい。

 

なぜか。

SNSは誰でも参加でき、大衆が集う場です。

その意味を理解して下さい。

大衆が全員できた人間な訳ありません。

 

そう肝に銘じて向き合いましょう。

アプリを利用する事を決めたのは自分なのですから。

 

まとめ。

SNSについて真剣に考えてみました。

メリットもあればデメリットもあります。でもそれが面白いのかもしれません。

日々の話のネタにも繋がりますし、本当に良い情報を手にする事もあります。

大事な大きな心をもって、大衆の場という意味を理解することです。

長々と読んで頂きありがとうございました!

 

【合わせてこちらもよく読まれています♪】

渡部建モテる理由は何?彼女を口説く渡部流『恋愛学』4つの極意!

関連記事

  1. SEMIDON-313x500

    肩ズンとは?【画像】床、壁ドン、顎クイ。さらに次世代~ドンを予測してみた。

  2. ライン

    学年ラインとは何?怖すぎる中高生の実態を検証!!

  3. パンチ佐藤

    パンチ佐藤の会費、10万を本気宣言!有料SNS『athleteClub』とは一体!?

  4. 高校野球あるある

    高校野球あるある【総集編】一般人が知らない球児のリアルな三年間!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気記事

  1. 森泉
  2. 小森純
  3. ゲンキング
  4. 高校野球あるある
  5. 辻内
  6. takahiro takei
  7. 岩田剛典
  8. 80919_201010110068876001286737582c
  9. as20160728004122_comml
  10. 今市隆二 ヒゲ
PAGE TOP